東京都子供の心診療支援拠点病院事業

トップページ
副院長ごあいさつ
事業の概要
講習会等のご案内
各科のご案内
都民フォーラム申込方法

講習会等のご案内


包括的暴力防止プログラム トレーナーフォローアップ研修会

趣旨:
包括的暴力防止プログラムフォローアップ研修について
東京都立小児総合医療センターでは、2010年より「子どもの心診療支援拠点病院事業」の中で、包括的暴力防止プログラム(CVPPP)のトレーナーの資格を持つ方を対象に、定期的にフォローアップ研修を行っています。この研修は、CVPPP研修において習得した知識と技術の再確認を行うとともに、維持・向上を目的として開催されています。CVPPPの一連の過程のフォローアップや、バージョンアップされた内容の伝達、及び自施設研修における課題の共有化を図ります。今年度も開催いたしますので、トレーナーの資格をお持ちの方は、是非ご参加ください。
目的:
研修により習得したCVPPPの知識と技術の再確認を行うとともに、維持・向上を目的とする。
内容:
ロールプレイ及び技術の再確認を行い、施設導入への問題点やCVPPPに対する疑問点などを共有化し、今後の対応策を考える。
定員:
各回20名前後
対象者:
これまでにCVPPPトレーナーコースを受講し、トレーナーの資格を取得した人(応募多数の場合は初期の研修を受けた人を優先する場合がありますのでご容赦下さい。)。
研修日時:
令和6年3月2日(土) 9:30〜17:00
※受付は9:00時から
会場:
東京都立小児総合医療センター 1階 フォレスト
研修内容:

講義
グループワーク
身体介入技術確認
※講師は信州大学 下里誠二先生 木下愛未先生

申込み方法:
(1) 受講申請手続について
@参加申込書
専用フォームに必要事項を入力の上、お申込みください。
令和6年2月2日(金)に受付終了しました。

A申込受付期限
令和6年2月2日(金)締切
※定員を過剰に超える場合は早めに締め切ることがあります。

(2) 受講案内について
@受講の可否については、2月9日(金)までにメールで通知いたします。
万が一 通知が届かない場合、お手数ですがご連絡ください。
A受講決定者には事前課題を提出していただきます。
後日メールで詳細を送ります。
Bパソコンからの添付ファイル付きのメールを受け取れる設定に
しておいてください。

(3) 研修費等の負担について
 費用負担はありません。

(4) 宿泊について

 宿泊については、各自で手配されますようお願い致します。

(5) その他
@ 本研修は受講者同士、腕を持つなど、身体が触れ合う事が多い
  研修です。
  不快な思いをされないよう配慮させていただきますが、
  万が一 ご不快を感じられましたら、遠慮なくお申し出ください。
A 会場の都合上、マットを準備できません。
  けがのないよう注意して、受講してください。
B 身体介入技術を各自で再度学習の上、研修に参加してください。
C 肩や腰に持病がある方や、心疾患などがある方の応募は
  控えていただくようお願いします。
  肩や腕、腰などを動かす実技演習が多くあるので、 持病が悪化し、
  以後の演習に支障をきたす可能性があります。
D 本研修は暴力という問題を扱います。そのため、
  被暴力体験がある方が 再体験することでストレス反応が現れる
  可能性があります。
E 感染症対策にご協力ください。  
ア.マスクを着用して研修を受けてください。
イ.受講前および当日37度以上の発熱がある方、咳、咽頭痛、倦怠感、
呼吸困難感などの症状のある方は、受講をお控えください。
ウ.当日は検温を実施し体調不良などがないか確認したうえで研修を
行います。
エ.適宜、手指消毒をしてください。
問合せ先:

東京都立小児総合医療センター 丘の4番地  看護師長 山本直示
〒183-8561
東京都府中市武蔵台2−8−29
電話 042−300−5111(内線3540)

電子メールアドレス  sn_oka4@tmhp.jp


東京都子供の心診療支援拠点病院事業